ブログトップ | ログイン

Belly Dancer Reehaneは時々ジャカルタ

カテゴリ:IN JKT 家ごはん( 44 )

苺のコンポート

日本は甘くて美味しい苺が数々ありますが、ジャカルタの苺は酸っぱくて酸っぱくて(><)
そのまま食べるには厳しい酸っぱさなので、ちょうど今月号の「南極星」(フリー雑誌)にも載ってたので作る事にしました(^^)
なんか結婚してからフとたまに思う事は、母が作ったりしていた物を見よう見真似で作ろうとしている自分に気がつく事です。今でこそ日本もハウス栽培の技術で年がら年中美味しい苺が食べれますが、子供の頃を思い返すともっと季節ごとの物がハッキリしていたように思います。なので、春は苺のジャム、夏場にはブドウのジュース(煮て作ります。)、秋は焼きリンゴ・・・などなど季節ごとの物が食卓を飾っていました。
母のように上手くは出来ないけど、苺のコンポートは取り合えず煮てればOK^^;、しかも酸味のある苺の方が美味しく出来るそうですので皆様も是非に(^^)
a0063997_7571160.jpg

・苺500g(パパイヤで売ってる苺約2パックです。)
・砂糖50g
・はちみつ 大1
・レモンの皮

①苺を洗って鍋に入れ、砂糖も入れ、混ぜ、ハチミツも入れ、レモンの皮も入れ強火にかける。
②10分ぐらい煮たらOK。 
※このレシピは「南極星」のを少量化して、更に文章をコンパクトにしたモノです^^;
③ジャムっぽくする場合は更に弱火で10分煮ます。
a0063997_7574222.jpg

このように容器に保存します。

これでOK(^0^)! 朝食のお供に☆
a0063997_82547.jpg


ランキングに参加する事になるました☆
よろしければポチっとな☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村
by reehane | 2012-04-13 08:02 | IN JKT 家ごはん | Comments(2)

やっと塩こうじ☆

日本で物凄く流行ってたと言う塩こうじをようやくジャカルタでも発見しました(^0^)!
日本のみんなが“塩こうじ商品”や“塩こうじレシピ”と盛り上がってる時に指をくわえて見てたので^^; 見つけた瞬間速攻ゲット(^0^)! パパイヤ(ブミマス店)で売ってました。
a0063997_544577.jpg


買ったはいいけど、レシピを調べてなくて取り合えずドレッシングに^^;
a0063997_562947.jpg

みんなどう使ってるんだろーーー
なんかでも塩こうじって味がまろやかになる感じで美味しかった~(^0^)
a0063997_575557.jpg

ヨーグルトの上に乗ってる茶色いのは黄な粉^^; 黄な粉ヨーグルトハマってます(^^)
黄な粉とクルミとクコの実を乗せるのが結構マイブーム。
これからは塩こうじレシピも研究してマイブームにしたいなぁ・・・☆

皆様も是非に☆

ランキングに参加する事になるました☆
よろしければポチっとな☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村
by reehane | 2012-04-11 05:10 | IN JKT 家ごはん | Comments(8)

ぷるんぷるんの蕨餅☆ 

先日、インドネシアに住まわれて38年になるマダムが手土産にワラビ餅を下さいました。
手に持った傍からあまりにもプルンプルンしているのでてっきり日本に一時帰国でもされてて何処かの有名店で買われたモノなのかな・・・と思ったほど! そして食べるとこれまた更にプルンプルンしていて美味しい!! なんとお手製だと聞き、それもインドネシアの気軽な材料で作れるとの事で作り方を教えて頂きました(^0^)!!

パパイヤでも気軽に売ってる材料です☆
・Sagu Ubi 140g
・砂糖   160g
・水     460cc

※黒蜜
・黒砂糖 100g
・砂糖   100g
・水     100cc

Sagu Ubiはパパイヤでも14000Rp。安い・・・(;;)サツマイモのでんぷんです。
a0063997_1957058.jpg


砂糖の方が多いみたいです。。。でもキッチリ計ってみました。
a0063997_19581030.jpg


Sagu Ubiと砂糖と水を鍋に入れ火にかける。
a0063997_1959446.jpg


ひたすら混ぜてると半透明になってきます。(多少力がいります。)力仕事はメイドに^^;
a0063997_2015015.jpg


混ぜてる間に黄な粉を容器に敷く。黄な粉に砂糖を合わせるのはお好みで。
a0063997_2024821.jpg


半透明になったら容器に流し込みます。
a0063997_204386.jpg


私はタッパ3つぐらいに分けましたが・・・お好みで。
a0063997_2051339.jpg


そして冷ます・・・
冷めたらお好みの大きさに切って黄な粉をかけます。
柔らかい為とても切りにくいので私はキッチンバサミを使いました。

お好みで黒蜜もどうぞ(^^)☆ 
パパイヤで黒砂糖売ってます。これまた18000Rp。。。安い(--)
a0063997_2065067.jpg


黒砂糖を細かく切って砂糖と水を鍋に入れ混ぜて火にかけます。煮詰めすぎないのがベスト☆
a0063997_2081835.jpg


そして冷ます・・・
黒蜜は1日経過するとますます良いトロミが出ます☆

完成(^0^)!!
a0063997_20103735.jpg


私は無類のワラビ餅好きで(まぁスイーツどれも好きだけど^^;)、日本でも有名店はそこそこそれなりに食べて来てワラビ餅はここ!って所がありますが、それでも感動するぐらいプルンプルンしています。 ワラビ餅はワラビ粉で作るモノだと思っていましたが、それ以上にプルンプルンしていてちょっと感動しますよ(^0^)! 

皆さまも是非に(^0^)!

ランキングに参加する事になりました。
よろしければポチっとな。
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村
by reehane | 2012-03-16 20:14 | IN JKT 家ごはん | Comments(2)

あんまり外食の写真ばかり載せてると心配の声が寄せられるので^^; おうちご飯の様子でも載せてみようかな・・・って気になりました。
我が家はホント、他の駐在奥様宅にいらっしゃるような“日本料理も作れて・・・お弁当まで作ってしまう!”なんて言う万能メイドとは随分かけ離れているので(愛嬌だけはある ーー;)日々かなりの頻度で作っています。 義母も同居しているので3人分のご飯って中々日々試行錯誤です。まぁでも仕事もあるので料理が結構気分転換になってるかなぁ・・・

昨夜は☆
大葉とゴマの葉と長芋とコンニャク牛筋煮たモノが入ったお好み焼き
しいたけマヨネーズ焼き
グリーンチリ
ゴマ風味の簡単サラダ
トロロ昆布とほうれん草のお吸い物
でした。

私は関西人なので、お好み焼きと言えば「牛筋 コンニャク」の煮た物が必須です。
残念ながらジャカルタには良いコンニャクと良い牛筋が無い(--) ってか出会ってない。
a0063997_1363070.jpg

なんか白っぽいコンニャク~(--)それを醤油・みりん・ダシで煮ます。
a0063997_1373926.jpg

だいたいそもそもメインのキッチンだと言うのに2個しかコンロがありません。
慣れてるけど(--) ガスじゃないので案外困る。
なのに裏のメイド部屋は4つもある(--)
a0063997_1385060.jpg

余談ですが、隣の家は6人もメイドがいる為、朝4時頃から魚を揚げてるのか、いい加減覚えろよ(とは言えないーー;)と言いたくなるぐらい表の換気扇と裏の換気扇を同時に使うとサイレンが鳴るので(--)毎週1回ぐらいはビービーと激しいサイレンを鳴らしてくれちゃってます(--)

メイド側のエリアはこんな感じ。
a0063997_13115764.jpg


うちの子は彼女のお母さんが同じマンションで働いてるので、いつも昼ごはんに夜ご飯はお母さんの所に行くか持って来てもらっています(--) どれだけ楽なメイドだろうか・・・(--)
a0063997_13152145.jpg

部屋とシャワーとトイレがあります。

そう、料理に戻り、中華料理店でもよくある「グリーンチリ」を作りました。辛いようで酢漬けなのであまり辛くありません。
青唐辛子たち・・・一見辛そうですが^^;
a0063997_13165954.jpg


ひたすら切ります。ピンクのは腰巻。エプロンではありません。いつもの定番スタイル。
a0063997_13192099.jpg


砂糖70gにお酢200mlを煮て甘酢を作り、切った青唐辛子を入れて一煮たちさせます。
a0063997_132115.jpg


出来たら冷ましてビンに保存☆
a0063997_13213981.jpg


しいたけマヨネーズは単にしいたけにマヨネーズをかけ、アンデス産の岩塩をほんの少しとパセリを振りかけトースターで焼きます。
とろろ昆布のお吸い物はカツオ出汁とアゴ出汁をブレンドし、なんか適当に冷凍しておいたホウレン草とかパラパラします^^; 
サラダはゴマ油に岩塩を軽くかけただけ~  簡単料理(^^;)

そんな適当さを交え、なんとか日々作っています。日々って事もないけど、毎朝と週に4日は夜作ってます。美味しいかどうかは別として(--)
a0063997_13291519.jpg
 

やれやれ。
by reehane | 2012-02-06 13:33 | IN JKT 家ごはん | Comments(8)