ブログトップ | ログイン

Belly Dancer Reehaneは時々ジャカルタ

震災から15年

おはようございます。Reehaneです。
昨日は神戸の震災が起こって丸15年の日でしたが、なんか地元の事ながら あーもう15年も経ったんだぁってこの日が来ると思いだします。
この当時すでに私は東京に住んでいました。朝5時半頃、実家から電話があり「アンタ!神戸は大変な事になってるんやで! 早くテレビ見てみー!!」と。 テレビをつけるとどの番組も震災震災震災・・・ 朝早かったし、テレビだし、なんか特殊な映像かぐらいに思ったほど・・・ 綺麗な神戸の風景があのような姿になった現実をすぐには受け止められませんでした。
実家家族の安全は確認出来たものの、実家もその後 電話が不通になったり、友達の家に電話してもつながらず・・・ まだ当時携帯電話もあまり普及していなかった頃でしたので携帯電話を持っている友達に携帯を貸してもらって友人宅や実家に電話したのを覚えています。当時持っていたのはポケベルでした。時代を感じますね(^^;)
幸いにして友人知人も皆無事でしたが、随分経ってから友人に話を聞くと皆口ぐちに「アンタ 聞かへん方がいいで。 みんな忘れたがってるねんから。」って言われ、それ以上「大丈夫だった?」とも口にしなくなりました。 大丈夫だったワケがないので、目の前に友人がいる事が“大丈夫だったんだな”って思うようにしました。

私は実家から「しばらく帰って来ない方がいい。」と強く言われていたので震災直後は帰省しませんでしたが、やはり心配で ガスも電気も普通になったと確認されてきた3月頃に震災後初めて帰省しましたが、ニケ月経過していても まだまだ・・・ 綺麗な街がホコリまみれでボロボロで、物凄く悲しくなりましたね。。。

神戸から大阪に勤めていた友達はいつも大きいバッグで通勤していました。
「神戸はボロボロやけど大阪に着いたら皆普通にヒール履いたりして普通に綺麗にしてるねん。でも今神戸でヒール履いたりスカート履いたりしてると“何あの子?”って目で見られるから毎日駅で着替えるねん。」と。
わかる気がしました。 それぐらい酷い状態でした。
人の生活も人生も何もかも変えてしまう自然災害とは本当に恐ろしいなと思いました。

a0063997_805884.jpg


~SHOW~
☆2月3日(水曜日)  インド・パキスタン料理ナワブ 八丁堀店 
SHOWスタート:20時~


☆2月6日(土曜日) トルコ料理 ゲリック
SHOWスタート:20時~
by reehane | 2010-01-18 08:03 | IN JPN 日記 | Comments(0)