ブログトップ | ログイン

Belly Dancer Reehaneは時々ジャカルタ

ジャカルタで妊娠出産して行く友達たち②☆

このビル気になってます。。。(^^;)
なんだか斜めの柱がありますけど、大丈夫かしら。。。ジャカルタの某所(^^;)
a0063997_7432355.jpg

初めてジャカルタに来た時は、自分の住んでるマンション含め、それはそれはなんだか高級感の漂う雰囲気をかもしだしている物件が多いので“買いたいなぁ。。。”なんて思っていましたが、住み始めるとあまりにも色々家の問題(水漏れ・壁の水を含む浮き等々)が発生するのを垣間見ると、買う気はならなくなりました(笑) そんな方、多いのでは。。。(^^;)

余談さておき、昨日から私のつたない絵でもって友達の体験したジャカルタでの妊活を表現しようと思っていたのですが、引越しでWindowsでも絵がかける専用のペン型の機器が見つからない。。。(--)
っと言う事で文章だけになります(^^;)

そう、女子にとっては妊娠と言う事はとてもデリケートなジャンル☆
それは若くても、私のように熟女でもです。
妊娠する為の活動、略して妊活をしようとしていた矢先に御主人の赴任でジャカルタに来る事になった方も多い筈。 それぞれの女子が様々な思いでジャカルタに来たと思います。
直ぐにポーンと子供が出来れば良いのですが、こればかりは思った時に中々出来ない、環境の変化で体調が変わった。。。などなど幾多の困難の方が多いような気がします。

今日はそんな女子の悩みでもある妊活について、友達が体験した“聞くのも涙”なお話しをさせて頂きますね。。。随分時が経ったと言う事で了承得ています☆
ジャカルタの病院、特に日本人が行くSOSやポンドックインダ病院と言うのは、ポンドックインダ病院はまだ婦人科でもウスマン先生、サビトリー先生・・・と週に何日も診てらっしゃる先生が固定にいるのでまだ良いですが、SOSクリニックの場合、婦人科の先生は大体週に1、2日しか診てない先生の集合と言うか・・・皆さん御自分の病院を北の方にお持ちです。
友達がSOSで診ていただいた先生はやはりSOSには週1出勤、あとは北にある御自分の病院で診てると言う事で、初診後は北の病院へ行く事になりました。
まぁ妊活しようとしている時にあまり日本人と顔を合わせたくないもんで、北にあるローカル病院へ行く事は苦ではなかったようですが、、、、しかし(^^;)

妊活を始める時、まず卵管が詰まってるかどうかなど造影剤検査するのは日本と同じなようですが、たまたまそこで友達が受けた検査では、粉がしかれた台の上に寝かされ、足をかける場所もなく、片足ずつ男性の先生がグイっと抱え、ここはあってるかどうか想像ですがブラウン管TVのような撮影機を友達が抱え、想像するだけで地獄絵図のような。。。(><) よく頑張ったねぇ。。。(;;)
思わず涙が出たそうです。。。(;;)
大体粉がしかれた台って。。。 人間天ぷらのようです(;;) 涙。。。
そして更にはお股の方向からは他の?先生方に丸見えの空間???だったのか? 相当な辱めを受けたそうでした。。。(><) でもそんな検査を受けた友達でしたが、1回の人工受精で妊娠☆ そして出産に至りましたから、結果オーライで良かったです☆

他の友達に聞くと、造影剤の検査もポンドックインダならそんな辱めは受けずに受けられるそうです。SOSはたまたまその機材が無く、別病院で受ける事を余儀なくされるそうです。

ジャカルタには人工受精もあれば、体外受精も行ってる病院はあります。
ただし、お値段も50juta~60jutaするようです。
いや~ 切実です。ホントに。
こういう問題は色々あるので、詳しく知りたい方は御連絡くださいませ(^^)
reehane007@yahoo.co.jpです。

そうこうしてましたらば、また時間がなくなって来ましたのでまた明日☆
皆様本日もお元気で(^0^)!!!

いつも御愛読ありがとうございます。
ランキングに参加しております☆
写真をクリックしてください。よろしくお願いします(^0^)
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村
Commented at 2016-03-07 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-12-20 21:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by reehane at 2017-01-02 16:15
伊藤の食卓様☆
はじめまして(^^)
良かったです。少しでもお役に立てて(^^)
わずか数年でジャカルタも良く変わっています。
感じ方も人それぞれですが、私的に判明した事は、ジャカルタで“え?大丈夫?”と感じる診察を受けたからと言っても日本が完璧ではないと言う事です。
様々な不安があるかと思いますが、どうぞ楽しいジャカルタ生活を送ってください(^^)
by reehane | 2016-03-01 06:10 | IN JKT 日記 | Comments(3)