ブログトップ | ログイン

Belly Dancer Reehaneは時々ジャカルタ

大切な方へ、暮れの元気な御挨拶☆

あー 先週は忙しかった。。。(><)
あんまり忙しいと言いたくないのですよね。 なにせ「忙」と言う漢字は“心が亡くなる”と書きますゆえ、あんまり口に出したくない文字です。 私は仕事大好き人間ですが、たまに立ちっぱなしで作業しないといけない日があり、先週はまさにそれ。。。(^^;) 私の弱点:立ちっぱなし。
しかも夕方頃になると疲れ過ぎて、ついつい外人との英語トークにて思い出せない単語の時に出るトッサの一言が。。。。
「Apa ya。。。」 (--)
いつもインドネシア語になります。。。
英語で喋ってるとわからない単語がしばしば出る時に焦るんでしょうね。。。
もうインドネシア語に直ぐ変わります。。。(--;) もーいい加減ヤバイ。
おそらく仕事でもインドネシア語を使う場面があるせいか、緊張感があるのかインドネシア語が抜けません。それは来年の抱負「TOEICで800点以上取る」である私にとって良いんだか悪いんだか。。。

さぁさぁ 余談さておき(^^;)
いよいよジャカルタ帰省週になりました(^0^)! わーいわーい(^0^)
ヒャッホー(^0^)

っと言うワケでお世話になった方へ、暮れの御挨拶に(^^)
今年は何にしよう。。。と考えてましたが、ジャカルタから帰国した友達が雅やかなアイテムを教えてくださり、今年はここに決定(^^)
宮内庁御用達の帯締めの老舗「道明」様です(^^) 1652年創業、老舗中の老舗です。
a0063997_18564596.jpg

私自身も着物は大好きで(っと言っても5枚しかありませんが。)小物から色々揃えてきましたが、帯締めの老舗には行った事がなかった。。。

素晴らしい数々。。。
a0063997_1915254.jpg

関西では厄年の時に「厄は長い物にまかれて何処かへ行ってしまえ。。。」と言う願いを込めて母から娘に帯などが贈られるのですが、全国的には厄年の際(19.33)は古くから厄除けに七色の帯締めなどを体に結んでお守りとし、厄除け厄払いとして来たそうです。
「桃山」と言う道明様の名作こそが厄除けの意味を持つ帯締めで、七色の矢羽が昔から魔除けの矢羽とされ、お祝いごとの際などにも使用されます。
今度はこれ買おう(^^)
a0063997_1922252.jpg

写真:きもの青木様より。

着物の世界って本当に奥が深いです。。。(@0@)
でも今回はお世話になった方へのプレゼント(^^)
とっても高貴な紫を選びました☆
a0063997_19232880.jpg

とっても着物がよく似合う美人お姉さんです(^^)

Kちゃんありがとう(^^) 
素敵な友達に恵まれています(^^)
素敵な友達を見習って、私も精進せねば! 
英語とインドネシア語をゴチャマゼにしてる場合じゃありません(^^;)笑

それでは皆様ごきげんよう(^0^)!


「道明」
東京都台東区上野2-11-1
03-3831-3773


いつも御愛読ありがとうございます。
ランキングに参加しております☆
写真をクリックしてください。よろしくお願いします(^0^)
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村





 
by reehane | 2015-12-20 19:40 | IN JPN 日記 | Comments(0)