ブログトップ | ログイン

Belly Dancer Reehaneは時々ジャカルタ

ICU☆ポンドックインダ病院

一昨日祝日のジャカルタで、義母の意識が突然なくなり4回目の救急病棟へ☆
ポンドックインダ病院のEmergency・・・
a0063997_8392681.jpg

その日は旦那様もゴルフ、ゴルフ帰りに知ったそうで急きょかけつけ私も電話で知り、ジャカルタ我が家はハプニングな日でした。。。 こういう時離れてると困りますね。。。心配だけど、状況聞くしかないし。。。義母はかれこれ私が居る時も3回救急病棟に運ばれています。でも、普段からパーキンソン病・心臓病・糖尿病・高血圧の薬を毎日4回(朝起きた時・朝・昼・晩)も何種類もの薬を飲んでるせいか、他の薬の投与を懸念してか、ポンドックインダ病院の先生のレベルが“うーんマンダム(--)←古すぎて若い子はわからないですね 笑”なせいか、救急病棟へ駆け込んでもロクに処置されず、毎度毎度数時間経った後、途方に暮れて
「お腹が空いたから帰ろうか・・・」
と、私たちは残念な気持ちで病院を後にするのが常でした。
ところが今回! 初めて集中治療室に移動!!! 4回目にしてやっと本格的な処置!
a0063997_8551027.jpg

っと思いきや、旦那様から聞いた内容では
「点滴をしてもらったみたい!」
a0063997_95966.jpg
えぇっ?!
タ、タ、タケノコと一緒じゃないか。。。
※タケノコとは比較的身近に行ける街の病院で、風邪で熱がある時や諸々の処置に点滴が多く、日本人利用者も多い(^^) ただしなにせ高熱が続いてる時でも、本当は早く“直ぐに効く抗生物質が欲しい”と思うのであるが、点滴を数日に分けて打ちに行かねばならない処方となり、熱があるのに意識朦朧としながら点滴を打ちに通う方も少なくない・・・ジャカルタではポピュラーな病院である。。。(^^;)   ある意味、点滴を数回に分けると言う事は、1回で治るような強い薬を無理に飲ませないと言う事なのかしら。。。

今回は初ICUに移って大事を取ると言う事ではありましたが、どういうワケか10日単位?なのか? ディポジットがなにせ・・・
17ジュタ(--)
まっ入院10日分って事ですが、日本円で約15万円です(--) しーん(--)
a0063997_920641.jpg
そ、そりゃないぜー
でも無事に昨日退院になったので、差し引きして返金されたと思われます。。。
あたりまえだ(笑)

しかしICUって、日本では一般人が入る時はマスクに消毒に凄い厳重ですよ。
それがなんだか普通の病室と変わらないーーーー(--)
横の子はうちの看護師ね。
a0063997_9235189.jpg

しかも、その日の晩御飯は差し入れご飯でOKって事になり、うちのメイドにお弁当を作らす事に。メイドもメイドで唐揚げとか作ろうとするので、さすがに「照り焼き」にしましたが。。。でも、ICUで差し入れ弁当OKなんだぁ~(@0@)
さすがジャカルタ(^^;)
a0063997_9363360.jpg


昨日は義母とも喋る事が出来ましたし、めでたしめでたし(^^)
義母の場合は体を動かす事が全く出来ない要介護5級な為、ICUにお世話になるような時でもジャカルタで処置を受けますが、皆様の場合は日本かシンガポールをオススメします。
皆様も健康管理を是非に(^0^)!!!

ランキングに参加しています(^^)
写真をポチっと押してください(^0^)!!よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ
にほんブログ村
by reehane | 2014-05-31 09:42 | IN JKT 日記 | Comments(0)